×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日は自転車通勤。
まだまだ暑い中を汗だくで通勤しました。
汗だくこそが省エネマンにとっての勲章。
今日も大きな勲章をもらいました。^_^;


2009年9月7日(月)



宇治から30分ほど走り、八幡市の蔵がある家並みがある場所へ。
この道は私の通勤経路なのです。



いいですねえ・・・・。
何度も何度もこの付近で写真を撮っている私ですが、またこの日も写真を撮りました。



雄大な田園風景。
宇治の巨椋(おぐら)池干拓田ではこんな広大な田園風景を見ることができますが、八幡でこのような風景を見ることができるとは八幡に勤務するまで考えてもいませんでした。



松花堂庭園前通過。



一日の勤務を終え勤務時間終了!
役所に持っていくものがあったので、「あおぞら」号で職場を走り出て役所へ。
役所へ寄った後は、完全にフリーに。(とっくに勤務時間は終わっているのであたりまえですが)
少しだけポタリング(自転車散歩)をします。
安居(あんご)橋へ。






安居橋をあとにして単伝庵へ。



単伝庵は「落書き寺」と呼ばれています。
建物の内部に落書きできる壁があり、落書きを多くすればするほど功徳があるとされています。



落書き寺境内。
西側から境内を眺めることができる場所があることは、この日初めて知りました。



しばし走り、国土交通省・八幡排水機場へ。
国土交通省。
高速道路が無料化されれば経済的にはどのようになるのか。
その試算をしていたのに「試算は一切していない」と嘘をついていたことが判明。
高速道路無料化の是非は別として、国土交通省は自民党政権下では「普通」の役所だったかもしれませんが、今や「悪の権化」とも私には感じられます。
嘘をつくような役人は全員解雇すべき!
でも今の公務員制度下では「嘘つき役人」の解雇は難しい。
なら、「嘘つき役人」は新政権が徹底的に糾弾して「自主退職」していただきたい。
当然ながら、「天下り」はなしでね。



自転車道へ。



夕陽に照らされる国道1号線木津川大橋。



自転車道路は虫がひどく多いので走らないことに。
木津川右岸へ。
そしてこの場所から堤防下へ下りることに。



木津川右岸下の久御山町の風景。
いいですねえ。



八幡だけでなく、ここ久御山町にも鬼がわらにこんな「ハクション大魔王のヒゲ」のようなものがありました。
これって一体何だろう・・・・?



阪神高速・京都線の下をくぐります。
それにしても、「阪神高速・京都線」って一体何?
阪神高速って、大阪と神戸を結ぶもの。
その「京都線」って意味が全く分かりません。
そもそもこれって、本当に必要な道路なんでしょうか?



自転車通勤。
素晴らしいって思う。

何が素晴らしいかと言うと、エコもそうだけど 化石燃料を使わず自らの体で自らを遠くへ移動させるってこと。
「自分の力も捨てたものではない。」って実感できるのが自転車通勤。



ホームに戻る